• どんなに高級でもマンションは既製品だ
  • 銀行を味方につける
  • 有名でなくていい。親身で実力のある建築家を起用する
  • 着工から完成まで

いっそのこと自分たちでマンションを創ってしまおう!

自分の家を持つということは、だれもが持つあこがれです。「自分の家」といっても、まずは一戸建てかマンションかが選択肢として考えられます。注文住宅の一戸建てであれば、自分の希望やアイデアを存分に活かすことを可能としやすいものの、どうしても多大な費用が掛かってしまいます。また、都市部においては満足できる土地を確保するのが難しいでしょう。一方、分譲マンションの場合は、すでに出来上がったものを購入するため、少しばかりの手直しは可能であっても、自らの希望を十分に満足できるレベルで実現させるのはなかなか困難なことです。

つまり限られた費用の中で、長年にわたって住む「夢のマイホーム」を実現されるのはなかなか難しいといえます。費用を抑えつつ、希望を実現させるという選択肢はないのでしょうか? これまでは、それら制限を妥協するのが当たり前でした。しかし、一歩踏み出して、「同じ思いを持つ人々が集まって、自分たちで納得のできるマンションを創ってしまう」という選択肢があっても良いのではないでしょうか。

いっそのこと自分たちでマンションを創ってしまおう!

どんなに高級でもマンションは既製品だ

高級マンションも既製品でありニーズの最大公約数でしかない

銀行を味方につける

銀行を味方につけることが夢の実現に欠かせない

有名でなくていい。親身で実力のある建築家を起用する

有名でなくても親身で実力のある建築家が、夢を後押しする

着工から完成まで

着工から完成までの期間も、夢に向けて最大限悩む期間に

自分たちでマンションをつくる!との考えで理想に近づく

いっそのこと自分たちでマンションを創ってしまおう!

Copyright(C) 2011 - いっそのこと自分たちでマンションを創ってしまおう! - All Rights Reserved.